日焼け止めの「ノンケミカル」と「オーガニック」の違いを徹底解説!

更新日:

 

日焼け止めには種類がたくさんあって、実際に購入しようとするとどれがいいのか迷ってしまいますね。

 

ノンケミカル、オーガニックなど肌に良さそうな言葉が並んでいますが、どういった違いがあるのか実はよく分かっていない、という方も多いと思います。

 

そこで今回、日焼け止めの「ノンケミカル」と「オーガニック」の違いについて紹介します。

両者の違いを正しく理解し、自分に合った日焼け止めを選んでいきましょう!

 

スポンサーリンク

ノンケミカルとは

日焼け止めには大きく分けて2種類あります。

 

紫外線吸収剤を使っているものと、紫外線散乱剤を使っているものです。

そのうち、紫外線散乱剤を使っているものを「ノンケミカル」といいます

 

紫外線散乱剤とは

 

紫外線散乱剤紫外線を跳ね返すことで日焼けを防ぎます。

 

・酸化チタン
・酸化亜鉛

などの天然成分が配合されていて、肌に優しいのが特徴です。

 

紫外線散乱剤を使っている日焼け止めは、「ノンケミカル」「紫外線吸収剤不使用」などの表示がされています

 

ノンケミカルの日焼け止めは肌にやさしいものの、白浮きしやすいというデメリットがあるため、その使用感の違いから、紫外線吸収剤タイプの日焼け止めを選ぶ人もいます。

 

紫外線吸収剤とは

 

紫外線吸収剤とはその名の通り紫外線を吸収することで日焼けを防ぐものです。

紫外線を取込み、肌の上で化学反応を起こさせて熱に変え、それを外に放出することで紫外線から肌を守ります。

 

紫外線をカットする作用には優れているものの、肌には少し刺激の強い成分が入っているため、男性でも肌が弱い方にはあまり良くないのです。

 

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

などが配合されている日焼け止めは、紫外線吸収剤が入っていると思ってください。

 

ただし、伸びが良く白浮きしにくいので使いやすい、というメリットもあるので、肌が弱くなければ使っても大丈夫です。

 

スポンサーリンク

オーガニックとは

オーガニック化粧品については、海外では厳しい基準を持った認証機関がいくつかありますが、日本ではまだ明確な基準がありません

 

そもそもオーガニックとは「有機」という意味で、3年以上化学肥料や農薬を使っていない土壌で育てられた植物を使って加工されたものをオーガニック化粧品と呼んでいる場合が多いです。

 

食品については農林水産省が管轄しており、「JASマーク」がついているのでオーガニック食品であることが分かるのですが、化粧品についてはそのような公的な機関がまだないのです。

 

ですから、100%有機栽培された原料で作られたものもあれば、合成成分をベースにしてオーガニック成分もプラスしている、という程度のものまで色々あるのです。

 

オーガニックという表示があれば天然100%だと思ったら大間違いなんです。

 

オーガニックの製品にこだわるのであれば、ただオーガニックという言葉に惑わされることなく、オーガニック比率なども確認してから購入することをおすすめします。

 

ただしここでも注意する点があり、オーガニック=肌に安心、ではないということです。

オーガニックですから当然植物由来成分を使っているわけですが、その植物にアレルギーを持っている方は当然使えません。

 

天然成分というといかにも優しい感じがしますが、天然だからこそ刺激がある場合もあり、肌に良いかどうかはパッチテストをしてみないと分かりません。

 

無添加とは

オーガニックとよく間違えそうなものに「無添加」というのもありますね。

無添加というのはどういうものを指すのでしょうか。

 

「無添加」という言葉も、実は定義がありません

そのため、無添加というと安心、安全なイメージがありますが、実はそうとも言い切れないのです

 

例えば「合成香料無添加」と書かれていれば合成香料が入っていない、ということが分かりますが、他の添加物は入っているということです。

 

また、化粧品には厚生労働省が定める「表示指定成分」というものがありますが、これはかつて有毒性があるということで表示が義務づけられていたものです。

 

2001年からは全成分表示が義務づけられたので、毒性の有無にかかわらずすべての成分を表示しなければならなくなったため、かえって何が有害で、何が安全なのかが素人には分からなくなりました。

 

「無添加」とは表示指定成分が入っていない、という意味で使われてる場合もあれば、「○○という成分が入っていない」というだけの意味で使われている場合もあるのです。

 

ですから、結局は何が入っていて何が入っていないのかを確認しなければ、「無添加=安心、安全」とはいえないのです。

 

まとめ

ノンケミカルやオーガニックの違いについて説明してきましたが、どれを選べば良いかは肌の質によります。

 

紫外線吸収剤を使ったものが必ずしも肌に悪いものではありませんし、特にトラブルが起きたことがないのであれば問題ありません。

 

ただ、男性でも肌の弱い方は出来るだけ成分にこだわり、ノンケミカルやオーガニック比率の高いものを使った方が肌には優しいです。

 

これからは日焼け止めを選ぶ時にも、何が使われているのかということをしっかり見て購入するようにしましょう。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

>>日焼け止めの持続時間は?塗り直しは必要?分からない時はココを見る

 

>>日焼け止めの正しい塗り方を徹底紹介!正しい塗り方の順序や量はこれだ!

 

>>日焼けは男性もケアが必要!男でも恥ずかしくない日焼けグッズ7選

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.