気配り上手な男性はモテる!?【今すぐできる気配り上手になる方法】

投稿日:

気配り上手な人に会うと、それが男性でも女性でも「素敵だな」と思いますよね。

でもどうすれば気配り上手な人になれるのでしょうか。

 

今回は、気配り上手な人の特徴や、気配り上手になるための方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

気配り上手な人の5つの特徴

気配り上手とは、ずばりどのような人のことを言うのでしょうか。

 

常にアンテナを張っている

気配り上手な人は、常に周囲の人を観察しており、「この人は今○○で困っているのだな」という状況を察することができます。

 

その上で、その人の気持ちなどを推し量り、適切な行動ができます。

 

場の空気が読める

気配り上手な人は、その場の空気を読むことも得意です。

 

その場に合わせた配慮ができ、相手に恥をかかせるというようなこともありません。

 

相手の立場に立って考える

自分だったらどうして欲しいだろうかと、常に、相手の立場に立って考えることができます。

 

これは口で言うほど簡単なことではなくて、非常に想像力を必要とする行為です。

 

やって欲しいことや、逆にやって欲しくないことを推し量る力があるので、相手にとって適切な行動を取ることができます。

 

親切がさりげない

気配り上手な人の親切は、さりげなくて、押し付けがましくないです。

 

女性と一緒に歩いていても、自然に道路側を歩いているなど「当然のように」行動するので、いかにも「親切にしている」という感じがありません。

 

困っている人を見るとさりげなく手を差し伸べるような優しさで、相手にも負担だと思わせないスマートさがあります。

 

タイミングを逃さない

気配りはタイミングが重要です。

気配り上手な人は、そのタイミングをしっかりとらえて活かすことができます。

 

せっかくの気配りも、タイミングを逃してしまうと全く意味がない、ということがありますね。

 

スポンサーリンク

気配り上手になるための5つの方法

それでは、どのようにすれば気配り上手になれるのか、そのためのポイントをまとめました。

 

人をよく観察する

周りをよく観察していないと、気配りはできません。

人をじっくりと観察して、次のようなことを正確に把握しましょう。

今、何で困っているのだろう
今、何をしてほしいのだろう

 

数をこなすことで、どんどん身につけられるスキルだと思います。

 

心に余裕を持つ

他人を気遣うことができるためには、自分の心に余裕がなければなりません。

 

悩み事で頭がいっぱいだったり、ストレスで押しつぶされそうになっている時に、気配りはできません。

 

気配り上手になるには、自分の問題を解決し、心に余裕を持っていることが大切です。

 

迷いや恥ずかしさを捨てる

気配りすることに慣れていないと、「今ここで声をかけてもいいのかな」と躊躇しているうちに、タイミングを逃してしまうことがあります。

 

例えば、重そうな荷物を持ってあげようかどうしようかと迷っているうちに、他の人が声をかけてしまい、後悔したりします。

 

飲み会で、空いたグラスを見て追加の注文を聞こうかどうしようか迷っているうちに、自分で注文されてしまうこともありますね。

 

声をかけた方が良いと気づいた時に、即行動することが大事なので、迷いや恥ずかしさは捨てましょう。

 

人が嫌がることを進んで行う

面倒なことや人が嫌がることを進んで引き受けてみましょう。

 

例えば、会議の前に準備をしている人に「何か手伝うことはありませんか」と声をかけるのも一つの方法です。

 

会議が終わった後に会議室を見回してゴミなどがあれば拾って捨てるなど、ちょっとしたことでも人のお役に立てる人は、気配り上手です。

 

地味な仕事や作業って誰もがやりたくないものですが、こういうことを率先してやり、みんなのサポートができるというのも気配りの一つです。

 

基本姿勢は相手への敬意

「親切にしてあげよう」という気持ちが強すぎると、気配りも空回りしてうまくいかないものです。

 

そうではなくて、相手をよく観察し場の空気を読む、そして、敬意を持って接することが大切です。

 

誰に対しても公平に接する

気配りをする時に大切なことの一つとして、誰に対しても公平に接するということがあります。

 

自分よりも偉い人、上司にばかり気配りしても、それは「ごますり」になってしまいます。

 

気配りというのは相手が望んでいること、相手のためになることをすることであって、上の人に「いい顔」をすることではありません。

 

気配りしすぎないことも大事

気配りは、相手にとっても自分にとっても心地よいことが前提です。

 

気配り上手になろうとするあまり、気を使いすぎて疲れてしまっては本末転倒です。

 

また、やり過ぎてありがた迷惑になるのも困ります。

何事も「ほどほど」が大事です。

 

気配り上手な男の特徴・まとめ

気配り上手というのは、一朝一夕では身につきません。

 

適切な場で気配りをするには、日頃から周りの人をよく見て、場の空気を読み取るという力をつけることが必要です。

 

しかし、やろうと思う気持ちがあればできることなので、ぜひあなたも呼吸をするように自然な気配りができる男性を目指してください。

 

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.