今できることをやる【何をするべきか分からなくなった時の考え方】

投稿日:

ダイエットは明日から。女性がよく使う言い回しですが、人はなぜ今できることを先送りにしてしまうのでしょうか。

 

今できることをやると人生は思い通りに進んでいくものです。

その力を知れば、今日の生き方が変わってくるでしょう。

 

後悔しないために、今できることを精一杯やってみませんか。

 

スポンサーリンク

みな、人生が有限であることを忘れている

人は生まれた瞬間から終わりに向かって生きています。

人生は有限で、明日の保証など誰にもない。

 

極端な話、「明日やろう」と思っていたことが出来なくなる、そんなことだって起こるわけです。

そうなってから、あの時やっておけば良かったと後悔しても遅いのです。

 

「いつか」は絶対にやって来ない

いつか海外旅行に行きたいとか、いつか自分のお店を持ちたいとか、「いつか」実現したいと思っていることが、誰しもいくつかあるのではないでしょうか。

 

でも、「いつか」と思っているうちは、そのいつかは絶対にやってきません

自分の中で「いつまでに実現する」と期限を決めて、今すぐに行動を起こさなければどんどん時間が過ぎていくからです。

 

今日何もしなければ、きっと明日も何もしませんね。

そんな時間の積み重ねで、あっという間に1年、2年と過ぎていきます。

時間が有限だということを忘れてはいけません。

 

やる気は後からついてくる

人が今すぐ行動しないのは、それをしなくても困らないからです。

 

そんなに無理してやる気を出さなくても、ご飯は食べられるし、会社はなくならないからです。

 

今すぐできることをやらなくても困らない。

だからやる気が起きない。

 

このスパイラルから抜け出すためには、「今できることをやる」。

これしかありません。

 

流れを逆にするとやる気が後からついてきます。

どんなに小さいことでもかまいません。

やりたいと思っているだけではなく、実際に行動してみましょう。

 

一度動き始めれば、それに伴って「次にやりたいこと」が見えてきます。

それをつなげていった先に、あなたの本当にやりたいことが待っている。

そう思ったら、小さいことでもやってみようと思いませんか?

 

スポンサーリンク

今できることをやると明日が変わる

「いつかやろう」では、10年後もそのままです。

何もしないで後悔するよりも、とにかくできることをやり、人生を変えようと思いませんか。

 

千里の道も一歩から

たとえば将来は会社員を辞めて独立し、会社を作りたいなと考えたとします。

 

しかし、ほとんどの人は行動をしません。

  • まだお金がないから
  • スキルが足りないから
  • 人脈がないから

など、色々と「出来ない言い訳」探しを始めます

だからいつまでたってもやりたいことが実現しません。

 

どんなに小さいことでもかまいません。

やりたいことがあるなら、それに結びつくような何かを始めましょう。

 

お金がないと思うなら、100円でもいいから貯金箱に入れてください。

今日飲む缶コーヒーを1本我慢してください。

会社員でも出来そうな副業を探してみてください。

 

たったそれだけのことじゃお金はたまらないんじゃない?と思うかもしれません。

たしかに、1日100円じゃ、100万円をためるのに何日かかるかわからないですね。

 

しかし、「今できることをやる」という意識を持つことで、あなたの行動が変わっていきます

 

それで、お金に関する情報にアンテナが張られるようになり、大きなお金に結びついていきます。

 

結婚したい、という目標でも同じことです。

漠然と「結婚したいなあ」と思っているのではなく、どういう人と結婚したいのかということを明確にイメージし、理想の人と結婚するためにはどうすればいいのか?ということを考えます。

 

婚活パーティーに積極的に参加するとか、見た目にも気を使いファションセンスを磨くとか、やれることはたくさんあると思います。

 

行動しなければチャンスはやってきません。

チャンスを掴むためにも、自分から行動することが大事ですね。

 

やってみないと分からないことがたくさんある

新しいこと、不慣れなことを始めようとする時は誰でも怖いものです。

しかし、やってみなければ分からないことはたくさんあります。

 

実際やってみたら思いのほか簡単かもしれないし、逆に失敗して「こんなに難しいのか」と思うかもしれません。

 

いずれにせよ、やらなければうまくいくかどうかも分からないのです。

本当は簡単にできることなのに、自分にはできないかもしれないと先送りにしていたら、とてももったいないと思いませんか?

 

失敗するにしても、やらずに後悔するより、やって反省した方が人としても成長できます

行動してみてプラスになることはあっても、マイナスになることはないはずです。

 

理想の人生を生きるために

人はついつい「できないこと」に目を向けがちです。

私たちの脳は変化を嫌いますから、いつもと変わらない日常を生きている方が平和でいいのです。

 

しかし、それでいいのでしょうか。

あなたが本当にやりたいこと、やってみたいことがあるならやってみるべきですし、今目の前にある問題だって、行動することで解決できるかもしれません。

 

ですから、できないことにフォーカスして、「どうすればできるようになるか」と考えるのではなく、「今できることをやる」ということにフォーカスしましょう。

 

今の自分ができる精一杯のことをやっていけば、必ず自分のやりたいことにたどり着けます。

 

人生は小さな選択の積み重ね

未来は今日の積み重ね、明日は今日の延長線上にあります。

ですから、今日行動しなければ、明日もそのまんま。何も変わりません。

 

自分がやりたいことを実現するためには何をするべきか、それを考えて行動に移すことでしか人生は変わりません。

 

どんなに小さいことでも大事な一歩。

その一歩さえ踏み出せば、そこから人生が開けていくでしょう。

 

今できることをやるということは、自分で主体性を持って生きていくということです。

 

今、できることをやる考え方・まとめ

特に自主的な行動をせず、惰性で生きていくのも一つの生き方ではあります。

 

しかし、後になって「これで良かったのか?」と思うよりも、どんな結果でもこれで良かったんだ!と胸を張ることができるのは、自ら行動した人だけに与えられる特権ではないかと思います。

 

主体的に、理想の人生を行きたいと思うなら、どんなに小さいことでもかまいません。

今日、今できることをやってみましょう。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

関連【明元素とは】プラスの言葉を使うと人生が変わる理由

 

関連なりたい自分が分からない時、「理想の生き方」を見つける方法

 

関連考え方を変える方法!私が実践して効果があった「7つの方法」

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2018 All Rights Reserved.