頭を柔らかくする方法の完全まとめ【保存用】

更新日:

 

あなたは、頭が固い人でしょうか?

それとも柔らかい人でしょうか?

 

頭が柔らかいと、柔軟な考え方ができるようになります。

困難なことに遭遇しても、すぐに気持ちを切り替えて前向きに対処できるので、人生が楽しくなります。

 

自由な人生を謳歌したいなら、頭は柔らかい方が有利ですね。

そこで今回は、頭を柔らかくする方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

頭が柔らかいとは?

 

「頭が柔らかい」という表現はよく耳にしますが、とても抽象的ですよね。

何気なく使っている人も多いと思います。

実際にどのようなことを表しているのでしょうか?

 

頭が柔らかいとは、固定概念に縛られず柔軟な思考ができることの例えです。

年齢を重ねるとどうしても思考が縛られがちですが、頭が柔らかい人は、枠にとらわれることなく自由に生きることができます。

 

年代を問わず積極的に交流することができるので、チャンスに恵まれやすく、新しいものも素直に受け入れることが可能です。

 

特に現代は技術の進化のスピードが凄まじい激動の時代です。

時代の流れに取り残されることなく活き活きと活動するためにも、頭を柔らかくしておくことが効果的でしょう。

 

スポンサーリンク

頭を柔らかくする10の方法

 

固くなっていた頭も柔らかくなる、とっておきの10個の方法を紹介します。

 

いろいろな世界を体験する

いろいろな世界を体験することで、これまでにない経験を積むことでき、新しいモノの見方や考え方ができるようになります。

 

頭が柔らかくなるだけでなく、新しい交友関係も生まれ、価値観も広がっていくことでしょう。

習い事に挑戦してみたり、旅行をしてみるなど、新しい経験をするのための行動を起こすことがオススメです。

 

アイデアを「出す」

何でも頭で考えることだけにこだわっていると、斬新なアイデアは生まれにくいものです。

一度頭を空っぽにして、アイデアを「考える」のではなく「出す」ように意識してみましょう。

 

最初は難しいかもしれませんが、頭を空っぽにしてボーとしてみてください。

思いもよらないアイデアが出てきやすくなります。

 

複数の答えを探す

何かの問いにぶつかった時、答えが1つしかないと、それが固定概念になってしまいます。

思考を柔軟に保つためにも、常に複数の答えやアイデアを探す癖をつけておきましょう。

 

あえて逆に考えてみることも有効です。

正解が1つだけとは限りません。

 

違いを楽しむ

世の中には多様な価値観が存在します。

自分と似たような人とばかりつきあっていると、考え方が偏りがちです。

他人との「違い」を楽しむ感覚を身につけられると人間関係がより豊かになっていきます。

 

ボキャブラリーを増やす

ボキャブラリーが増えると、表現力だけでなく発想力も豊かになります。

なぜなら、言葉は考えるための道具だからです。

 

ユーモアのセンスも磨かれていくことでしょう。

ユーモアのある人はとても知的です。

エスプリのきいた会話も楽しむことができるので、人間関係も円滑になります。

 

楽しいことをする

人は楽しいことに没頭している時、脳が活発に働き、よりクリエイティブな思考ができるようになります。

 

ストレス発散にも繋がるので、ネガティブな思考に陥って視野を狭めてしまうリスクも回避できるでしょう。

積極的に楽しむことで、頭がどんどん柔らかくなりますよ。

 

絵や図を活用する

考えを紙に書き出す時、絵や図を活用してみましょう。

言葉だけで考えていた時は見えなかった、新しい視点を得ることができます

 

特に複雑なことを考える際に、高い効果を発揮します。

新しい発想にもつながりやすいでしょう。

 

心を整える

頭が柔らかい人は、心を大切にします。

柔軟な発想は、プラス思考であったり、穏やかな心情だったりと、良い心情であることが必要です。

 

逆に、イライラしていたり、不安になってしまうと、視界が狭くなり頭も固まってしまいます。

 

掃除をして場をキレイにしたり、整理整頓などをして、心を整えることが大切です。

 

完璧主義をやめる

完璧主義の人は、頭が固い傾向があります。

完璧主義をやめて、良い加減で物事に取り組めるようにシフトチェンジしてみましょう。

 

余裕がある人は、より魅力的な印象になります。

楽しければオッケーくらいの気楽な気持ちを持つことがポイントです。

 

ゼロベース思考を身につける

江戸時代の頃は、ちょんまげが常識でしたが、現代でそのような髪型をしていたら非常識と呼ばれてしまいます。

 

常識やルールは時代によって変わるものです。

一つの思い込みに過ぎないと言い換えることもできるでしょう。

 

思い込みや枠組みに固執せず、ゼロベースで物事を捉えることが大切です。

自由な発想を大事にしましょう。

 

まとめ

 

頭を柔らかくするには、今回紹介した方法を全て行わなければいけない、ということはありません。

まずは気になったものから試してみましょう。

 

思考や行動を変えることで、どんどん頭が柔らかくなっていきます。

頭だけでなく、いつの間にか凝り固まっていた心をほぐす効果もあります。

頭が柔らかくなる感覚を楽しんでみてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

40代でも記憶力はアップする!【頭を鍛える5つの方法】

 

伝え方や説明が下手な人へ【営業のプロ直伝】話し方7つのコツ

 

物の見方・考え方はなぜ大切?コミュ障の社長が詳しく解説

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.