完璧主義者とのつき合い方【完璧主義な人5つの特徴と付き合うコツ】

更新日:

「一つ一つの仕事を丁寧に、緻密に。」

「間違いなんて絶対認めない!」

どこの職場にもこのような完璧を目指す人がいると思います。

 

本人はもちろん一生懸命仕事をしているので悪気はないのですが、周囲の人間は少し疲れてしまうこともあるでしょう。

 

今回は、完璧主義者の特徴をおさえつつ、どうやったら上手につき合えるのかということについてお話しします。

スポンサーリンク

完璧主義者の5つの特徴

どうもこの人と一緒にいると疲れるなと思っていたら、この人は完璧主義者だったのか!と思い当たることがあるかもしれません。

 

特徴を抑えておくと、その次の対策に役立つかもしれません。

以下は完璧主義者の特徴です。

とにかく細かい

他の人なら「どうでもいいじゃん」と流してくれるようなことでも、「きっちりやらないとダメ!」と細かいところまでとても厳しいです。

 

小さなミスも見逃さず指摘してきます。

 

その反面、大きな枠組みはあまり考えていなかったりすることもあり、「木を見て森を見ず」的なところもあります。

 

他人を信用しない

完璧主義者は常に完璧を目指しているので、最終チェックも自分でしないと気が済みません。

 

「これやっといて」なんて人に任せることはできないのです。

 

これは自分の考えに固執する傾向があるためです。

自分の考えが正しいと思っているので、他人の意見を受け入れにくいのです。

 

目標設定が高すぎる

完璧主義者は理想も高いことが多いです。

 

現状でできることはあまり考えず、自分のスキルは置いといて、「こうしたい!」という理想を追いかけてしまいがちです。

 

失敗したくないからあれこれと細かいところに目がいってしまうのですが、そもそもの目標設定が間違っていることには気づきにくいのです。

 

優先順位がつけられないので仕事が遅い

今気にするのはそこではない。

完璧主義者にはそれがわかりません。

 

自分が気になるところばかりに目がいっているので、仕事に優先順位をつけるのが下手で、仕事が遅くなりがちです。

 

仕事は納期を守ってなんぼですが、納期よりも自分の仕事の完成度ばかり追いかけてしまうのです。

 

自信がないからあれこれつつく

完璧主義者というのは、実は自分に自信がないから「まだまだこんなんじゃだめだ!」と終わりのない仕事をしてしまうのです。

 

自分一人でできることは限られているのに、人に相談もできないし、自分のミスを許すこともできずに常に完璧を目指してしまいがちです。

 

自信のなさをカバーするための行動なので、それが周りに迷惑をかけているということにも気づきにくいのです。

 

スポンサーリンク

完璧主義者と上手につき合う方法

この人は完璧主義者かなと思ったら、お互い気持ちよく過ごせるように、妥協点を見つけていくことが必要です。

 

完璧主義者と上手に付き合う方法をまとめてみました。

 

悪気はないことを理解する

完璧主義というのは性格の一部であり、その人の生き方でもあります。

 

変えた方が本人のためにも、また、周りのためになることの方が多いのですが、それには本人が「自分が完璧主義者だ」ということに気づかなければいけません。

 

しかし、たいていはそのことに気づいていないため、あなたに対して完璧を求めてくるのも悪気があってやっているわけではないことが多いです。

 

まずそこを理解した上でつき合っていくことが必要でしょう。

 

指摘してくるポイントに先回り

細かいことを言ってくるというのはわかっているのですから、「これを提出したら、きっとここを指摘してくるだろう」ということはおおよそ予想がつくと思います。

 

その点について先回りし、準備をしておくことを心がけてみてください。

 

そうすれば、上司からの指示には的確に答えられる部下になれますし、あなたにとってマイナスなことは何もないと思います。

 

完璧主義者の部下に対しては、

「ここはやらなくていい。この部分はこれだけできればいいから」

と、ゴール地点を明確に示してあげると良いでしょう。

 

実は完璧ではないところを発見する

完璧主義者というのは、あくまでも「自分の目の届く範囲」や「自分が自信のないところ」を完璧に仕上げたいと思うのであり、よくよく見ると完璧主義でないところもたくさんあるのです。

 

「いつも完璧に!とか言いながら、ここはできていないじゃないか」

と、新しい一面に気づくと、やっぱり完璧にできる人なんていないんだなと思えるでしょう。

 

自信がないから細かいところまで指摘したがるのだ、ということがわかれば、少しはおおらかな気持ちで接することができるかもしれませんね。

 

最終的にははっきり注意する

上司に注意するのは難しいかもしれませんが、同僚や部下だったら面と向かって話してみるという方法もありかもしれません。

 

完璧主義もいいけれど、もう少し視野を広げて人の意見を聞いたりすることも大事だよ、といういことを話してみてください。

 

すぐに変わるとは思えませんが、誰も言ってくれないから気づかないのかもしれません。

 

あなたが話すことで、そうか、だから自分は仕事が遅かったのか、と気がつくかもしれないですね。

 

その人の生き方も尊重しよう

完璧主義者の人をどうにかしたいと思うかもしれませんが、あなたが自分の性格をすぐには変えられないように、相手もすぐに完璧主義を変えることはできないです。

 

他人は変えられない

完璧主義者が完璧主義であることの窮屈さに気づき、もっと自分をゆるめてもいいんだと思うまで、周りが何を言ってもその人が変わることはありません。

 

他人を変えることはできないです。

 

ですから、正直に「完璧主義はやめた方がいい」と言う方法もありますが、忠告した後にその人が変わらなかったとしても、腹を立ててはいけません。

 

相手を変えようとするよりも、違いを認めて折り合いを付けていった方が、お互いに気持ちよくつき合えるのではないでしょうか。

 

完璧主義者と付き合う方法・まとめ

完璧主義者がいると、細かいことまであれこれうるさいなあと思うかもしれません。

 

しかし、ある意味自分では気がつかなかったことを指摘してくれるありがたい存在でもあるのです。

 

ふうん、それは気づかなかったなあと思うくらい、おおらかに構えていると腹も立たないかもしれませんね。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

関連完璧主義は仕事が遅い?【仕事の効率をアップする7つの方法】

 

関連嫌われる理由がわからない時の対処法!嫌われやすい性格を変えるコツ

 

関連攻撃的な人に困った時の対処法【攻撃をかわす6つのコツとは】

 

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.