お金が減らない人のお金の使い方とは【お金が自然とたまる人の習慣】

投稿日:

お金が全然たまらない人と、お金が自然と貯まっていく人には、その使い方や習慣に違いがあります。

 

「お金を稼いでいる」=「お金が貯まる」わけではありません。

収入が少なくても、お金がたまっていく方法はあるのです。

 

お金が減らない人の習慣をまとめてみましたので、早速今日から試してみませんか。

スポンサーリンク

「お金がない」と言わない

お金がない人は、常に「お金がない、お金がない」と言っています。

しかし、本当にお金がないのでしょうか? そして、今日食べるご飯にも困っているのでしょうか?

 

そうではありませんね。

それは「今欲しいものがすぐに手に入らない」ということを「お金がない」と言ってしまっているだけなのです。

 

お金が減らない人は、「これが欲しいから○円貯めよう」と思って、貯金をしたり、お金を増やしたりする方法を考えます。

それを堅実にこなすことで、欲しいものが手に入るのです。

 

逆に、お金がないと言っている人は、今すぐに欲しいものが手に入らないからといって、欲しくもないものにお金を使ってしまいます。

そして、結局、本当に欲しいものが買えない、つまり、いつまでたってもお金がないという状態が続くのです。

 

実際にはお金がないわけではないのに、お金がないという心理状態を自分で作り出しているのです。

 

財布の中が整理整頓されている

お金が貯まる人は、お財布の中がキレイです。

あなたの財布には、このようなものが入っていませんか?

  • 古いレシート
  • 期限切れのポイントカード

お財布の中が汚いということは、お金の管理ができていないということです。それではお金はたまりません。

 

そして、お札の向きは揃っていますか?

お札の頭を上にするか下にするか、どちらがいいかは諸説あるので決めかねますが、いずれにしてもお札の方向をきっちり揃えて、きれいに入れておくことは大事なことです。

 

自分にとって大切なお金を丁寧に扱えない人に、お金は集まって来ないからです。

 

消費、浪費ではなく投資をする

お金は本来、貯めこむためにあるものではなく、使うためにあるものです。

しかし、その使い方が問題です。

 

お金が減らない人は、衝動買いをしません。

自分が本当に欲しいものしか買わないのです。

 

これは、金額の低いものしか買わないということではなくて、本当に欲しい、本当に必要だと思ったものには大金を払って買うこともあります。

 

ただし、必要のないものは、いくら安くても買いません。

「安いから」「バーゲンをしていてお得だから」という理由で買い物をしないのです。

 

安いからと買い物をしたり、衝動買いをするのは「浪費」ですが、本当に欲しいもの、自分を高めてくれるようなものにお金を使うのは「投資」です。

 

「お金をためる」ことを目的にしない

必要なものしか買わないというスタンスで買い物をしていくと、段々お金が貯まるようになってきます。

しかしお金の使い方が上手い人は、「ためる」ことを目的にしません。

 

お金は人生を豊かにするために使うものであり、ケチって貯め込もうとすると人生はつまらなくなります。

何のためにお金を貯めているのかもわからなくなってきます。

 

お金が減らない人は、適度に消費もし、そして無駄遣いはしないでためることもする。

そのバランスがとれているのです。

スポンサーリンク

自己管理ができている

お金が減らない人は、自己管理ができています。

 

例えば、健康管理ですが、疲れているのにきちんと睡眠も取らない、食事はジャンクフードばかりを食べている。

そのような生活で、健康が維持できるはずがないですね。

 

不健康だったり、肥満ぎみの人は注意です。

一事が万事、自分を管理できない人がお金の管理をできるわけがありません

 

時間の管理ができている

お金が減らない人は、スケジュール管理も上手です。

自分でしっかりと時間の管理をしています。

 

特に朝の時間の使い方が上手で、人より早く起きて運動したり、読書をしたり、自分を高めることに時間を使っている人が多いです。

早起きするために夜は早めに休むことが多いですし、無駄な会合にも顔を出しません。

 

夜に活動する人は、飲みに誘われたりしてお金を浪費する機会が増えるので、お金が貯まりにくくなるのです。

お金を減らしたくなければ、1日をどう使うかということを考えることも大切なのです。

 

大事なのは「心の余裕」

お金持ちは靴がきれいだといわれます。

たしかに、一流のビジネスマンも靴が綺麗な人が多いですね。

 

これは、靴を磨けばお金が入ってくるというわけではなくて、靴にまで気を抜かない習慣が心の余裕を示しているということです。

お金が減らない、たまるようになるためには何より心の余裕が大切です。

 

お金をどう使うのか、どう増やすのか。

それを考えるにも心の余裕がないとできません。

 

やたらと忙しそうにしている人にはお金持ちが少なくて、お金がある人ほどゆったり暮らしているように見えるのは、心の余裕の差なのです。

 

お金が減らないようにしたいと思ったら、心の余裕をどう作ろうかと考え、自分と向き合う時間を作った方がいいかもしれません。

まとめ

お金で幸せは買えないという人もいますが、お金があればできることもたくさんあります。

 

お金が急に増えなくても、減らないようにすることは自分の心構え次第でいくらでもできるのです。

これを機会に、しっかりとお金と向き合ってみませんか。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

関連【お金が貯まる番号】積極的に使いたい金運アップの数字まとめ

 

関連部屋を綺麗にすると運気が上がる4つの理由・お掃除のコツ

 

関連お金にルーズな友達とのつき合い方【安易に貸すのは友情ではない】

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.