スーツの男性が「かっこいい」と思われる着こなし方2つのポイント

更新日:

 

身だしなみにいつも注意を払うことは、ビジネスマンにとって最低限のマナーです。

 

常に清潔感のある装いをしているなら、営業先や取引先の担当者に好意的な印象を与えることができ、良い人間関係を構築しやすくなります。

 

そこで今回は、男性がスーツをビシッと着るための「スーツの着こなし」について紹介します。

 

スポンサーリンク

スーツの着こなし2つのポイント

 

では、「ビジネスマンの戦闘服」とも呼ばれるスーツをかっこよく着こなしたいなら、どんなポイントに注意すべきでしょうか。

 

キーワードは「フィット感」と「トータルバランス」の2つです。

 

フィット感は4つのポイントで見る

 

男性がスーツを着こなすポイントはフィッティング・ルールを正しく理解することです。

周りの人から「上手にスーツを着ている人」と見られたいのであれば、自分の体型にきちんと合ったスーツを着ることが大前提となります。

 

ダボダボのスーツを着ていたり、逆に小さすぎるスーツを着ていたりすると、「身繕いに無頓着でいい加減な人」という印象を与えてしまうのです。

 

自分の体にフィットしているかどうかを判断するポイントは、「肩幅」「着丈」「袖丈」「パンツ丈」の4つです。

 

肩幅

紳士服業界では「スーツは肩で着るもの」という格言があり、肩のラインがきれいに出ていないと、かっこいい着こなしは決してできません

 

ですから、ジャケットのショルダーラインと袖山の位置を確認して、肩のラインとフィットしているかを確認しましょう。

袖山の位置が内側に寄りすぎていると、腕回りや背中に皺が寄ってしまい、スーツの整った印象が崩れてしまいます。

 

一方、袖山が腕の位置まで下がっていると、だらしない印象を与えてしまいます。

 

ですから、どちらの場合も肩周りの寸法を調整することが必要です。

 

着丈

 

ジャケットの着丈にも注意を払いましょう。

 

目安は「立った状態でヒップがちょうど隠れる長さ」と言われています。

着丈が太ももまであると、だらしない印象を与えるだけでなく、足が短く見えてしまうというデメリットもあります。

 

また、ボタンを留めた時のウエスト周りもチェックして、スーツの生地に皺が寄っていないかを確認しておきましょう。

 

ボタンの裏側にこぶしがちょうど1つ入るぐらいのスペースがあると、スーツの形が最もきれいに見えるとされています。

 

袖丈

 

ジャケットの袖丈も、スーツをかっこよく着こなすための重要なポイントです。

 

腕をまっすぐ下ろした状態で、袖口からワイシャツが1cm程度見える状態が理想的です。

 

もしくは、手のひらを床と平行になるように曲げた時、袖口がちょうど手の甲に触れる長さを目安にすると良いでしょう。

 

袖口が長すぎる、あるいは短すぎると、全体の雰囲気がアンバランスになって、やぼったい感じになってしまうので注意が必要です。

 

パンツ丈

 

パンツの丈とサイズに注意することも大切です。

 

「丈が長い方がオシャレ」と考える男性は少なくないようです。

 

とはいえ、丈が長すぎてだぶついていると、見た目が良くないだけでなく、はねた汚れが付着しやすくなります。

 

一方、丈が短すぎて靴下が見えてしまうと、かっこよさがまったくありません。

ですから、パンツの裾先が少し靴に届く程度の長さに調整しましょう。

 

ウエスト回り

 

また、ウエスト周りがきちんとフィットしているかどうかも確認が必要です。

余裕がありすぎるとベルトを締めた時にタックがよってしまい、おしゃれ感が全くなくなります。

一方で、ウエストラインにぴったりし過ぎていると皺ができてしまうので、やはりかっこいい着こなしにはなりません。

 

スポンサーリンク

トータルバランス

スーツをかっこよく着こなすには、シャツやネクタイ・チーフなど、スーツ以外のアイテムにも気を配る必要があります。

 

シャツ

 

シャツは必ずアイロンが掛かった皺のないものを着用するようにしましょう。

 

どれだけ綺麗なスーツを着ていても、シャツにはっきりと分かるような皺が寄っていては台無しです。

 

また、生地が薄く肌着が透けて見えるようなシャツの着用も避けましょう

 

ネクタイ・チーフ

 

そして、ネクタイも汚れや皺のないものを選ぶことが大切です。

 

ネクタイの太さをスーツのラペルと合わせると、非常にバランスが良くなります。

 

チーフを使う場合には、ネクタイの色と合わせるようにしましょう。

 

 

「おしゃれはまず足元から」と言われています。

シルエットの美しいスーツを着用していたとしても、靴に汚れが付着していると、相手に清潔な印象を抱いてもらうことはかなり難しくなります。

 

ですから、靴はいつもきれいに磨いておきましょう

 

もし靴が型崩れをしていたり色落ちしたりしているなら、重要なビジネスシーンでは決して使用しないようにしましょう。

 

また、靴とベルトの色を合わせておくと、全体の統一感が出ておしゃれな雰囲気になるということも覚えておきましょう。

 

一方、靴下の色は靴ではなくスーツの色と合わせる方が効果的です。

 

私のスーツ着こなし術

 

スーツの着こなしって本当に難しいですよね。

 

私も仕事が忙しく、なかなかスーツの着こなしを意識している時間はありません。

そこでおススメなのが、オーダースーツです。

 

あなたの体に合ったスーツをオーダーメイドで作ってくれます。

これなら、フィットしないはずがありません。

 

量販店では、既製品の中から自分に合ったサイズを選ばないといけませんが、オーダーならそんな手間暇もありません。

そして、値段も最近では安くなってきています。

 

イージーオーダーパターンオーダーなど、すべてのオリジナルで作らないセミオーダーのような注文方法もあり、さらに価格もお手頃ですよ!

 

まとめ

 

スーツをかっこよく着こなすためには「フィット感」と「トータルバランス」が必要です。

フィット感は、肩幅、着丈、袖丈、パンツ丈の4つのポイントが自分の体に合っているかを確認します。

トータルバランスでは、色合いや柄が全体的に調和しているかを見ていきましょう。

 

スーツのかっこいい着こなし方も、意識していけばセンスが磨かれていきますよ。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

頭の臭い対策!男は皮脂をコントロールすれば臭いが無くなる!

 

革靴の臭いを重曹で消す方法!【写真と動画付き】簡単消臭!

 

アロマで男性ホルモンが増加!フェロモンが出やすいアロマはコレだ

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.