不用品は「売る」か「捨てる」か?少しでもお得に処分する方法

更新日:

 

もう使わなくなったものを処分するには「売る」か「ゴミとして捨てる」か、という2つの方法があります。

売るなら高く売りたいですよね。

 

また、ゴミとして捨てるといっても、残念ながら家電などは簡単に捨てることが出来ないものもあります。

お金を払って引き取ってもらわなくてはなりませんが、その費用も、少しでも抑えたいところです。

 

そこで今回、不用品を「売る」か「捨てる」か、少しでもお得に処分する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

不用品を少しでも高く売る方法

あなたにとっては不用品でも他の人にとっては価値のあるかもしれません。

ただ捨てるだけでなく、もし高く売れるなら、その方が得だと思いませんか?

 

ネットオークションで売る

最近ではパソコンだけでなく、スマホのアプリを使ってオークションサイトを利用できるようになりました。

 

もしかしたら思わぬ高値がつくかもしれませんので、これまでコレクションしてきた趣味の物をまとめて処分したい、という方はネットオークションを利用してみてはいかがでしょうか

 

ただ、個人情報は明らかにされないものの、落札者との連絡や発送なども自分でやらないといけませんので、そういった手間を惜しまない方に向いている方法です。

 

それが面倒な場合は、手数料は取られますがオークション代行サービスなどを利用する方法もあります。

 

リサイクルショップに売る

近くにリサイクルショップがあれば、そこに持ち込んで買い取ってもらうのもいいでしょう。

最近では、インターネットで申し込み、ダンボールに不用品を詰め込んで送るだけで買い取ってくれるところもあります。

 

あまり使っていないブランド品などが眠っていたら、査定だけでもお願いしてみてはいかがでしょうか

 

衣類もあまり着ていないなら、古着として売ることが出来ます。

衣類は専門の買い取りサービスが多くあり、ノーブランドでも買い取ってくれるところが多いのでぜひ利用してみてください。

 

解体業者に買い取ってもらう

家を建て替える場合など、たくさんの不用品が出る場合は解体業者にお願いすることも可能です

 

ただし注意して欲しいのは、「古物商」の許可を持っていることが条件です。

許可がない場合は違法になってしまいます。

 

解体業者は通常不用品の買い取りはしませんが、この許可を持っている業者なら買い取ってもらうことができます。

 

スポンサーリンク

不用品を安く捨てる方法

 

いらなくなった物が売れるのならいいのですが、売れない場合は捨てるしかありません。

 

ただ、「冷蔵庫、エアコン、テレビ、洗濯機」は家電リサイクル法という法律があるために、粗大ごみとして出せません。

これらの物は、捨てるにも料金がかかります

 

以下に、少しでもお金をかけずに処分する方法を紹介します。

 

家電リサイクル受付センターへ持参する

まず、自分で家電リサイクル受付センターに持ち込む方法があります。

捨てたい家電のメーカー名、サイズ(冷蔵庫は容量)をメモして郵便局に行きましょう。

 

そこでリサイクル券(郵便局券)を受け取り、リサイクル料金を振込みます。

払込受付証明書に日付印を押してもらい、郵便局券についている「現品貼付用」に貼って、家電と一緒に指定場所に持ち込みます

 

指定場所は、一般財団法人家電製品協会のホームページに記載があります。

下記リンクから、あなたの都道府県の指定場所を調べることが出来ます。

>>指定取引場所検索

 

家電リサイクル受付センターへ運搬を依頼する

自分で家電リサイクルセンターに持ち込めない人は、運搬を依頼することも出来ます。

 

運搬の依頼先は地域ごとに違いはあるものの、佐川や日通といった運送業者がそのまま家電リサイクルセンターの指定場所になっていることが多いため、その運送業者に依頼することが出来ます

 

下記の一般財団法人家電製品協会の指定取引場所に、運送業者の電話番号が記載されています。

>>指定取引場所検索

 

郵便局でリサイクル券を購入して料金を振込むところまでは持ち込みと一緒です。

このリサイクル券がないと引き取ってもらえないので、失くさないように注意してください。

 

運搬を依頼する前に、必ずリサイクル券を準備しておきましょう

リサイクル券は業者は手配しないため、自分で準備しないといけません

 

 

家電量販店のリサイクルで無料引き取りしてもらう

家電を新しく買い替えるなら、同時に無料で引き取りをしてもらうことも可能です。

通常はリサイクル料金と運搬料を取られますが、キャンペーンなどをしていると無料になっていることもあります

 

値引き交渉もいいですが、引き取り料金を無料にしてもらうという交渉もありですね。

 

リサイクルショップに無料で引き取ってもらう

リサイクルショップで買い取ってもらえなかった場合でも、無料なら引き取ってくれる場合があります。

 

リサイクルショップとしては、部品取りに使うのかもしれません。

お金にはなりませんが、どうせ有料で処分するのですから、お金がかからないだけ儲けものです。

 

廃品回収業者に売る

廃品回収業者は見極めが結構困難ですが、インターネットなどでしっかり見積してもらえるところなら安心でしょう。

 

リサイクル料金と運搬費の見積を出してもらい、それ以上の料金がかからないことを確認した上で買取をお願いしましょう。

 

バザーやフリーマーケットに出品する

住んでいるところの自治会、子どもの学校関係などで、もしバザーフリーマーケットを開催している所があるなら、そこに出品するというのもおすすめです。

 

回収を依頼すればお金がかかるところを、微々たるものでもお金になるかもしれません。

 

知り合いに譲る

もしこれから一人暮らしをする予定のある友達や親戚、家電を欲しがっている知人などがいたら、ただで譲ってあげましょう。

 

運搬くらいはしてもらうとして、人に譲るなら処分するお金もかかりませんし、他で役立ててもらえるなら家電も喜んでくれるのではないでしょうか。

 

知り合いでないにしても、欲しい人に譲る方法としてジモティーというサイトもあります。

ここでは、全国レベルで不用品を譲ることが出来ます。

 

下記にジモティーのリンクを貼っておきます。

>>ジモティー

 

悪質な業者に気をつけて!

たまに軽トラックで「不用品を安く回収します」「無料回収」と放送しなが走っている車をみかけます。

安く買い取ってくれるなら持っていってもらおうかな、と気軽にお願いすると大変なことになる場合があります。

 

家庭から出る廃棄物を扱うには「一般廃棄物処理業」の許可、中古品の売買をするには「古物商」の許可が必要ですが、これらを取得していない業者が多く、不法投棄の原因になっています。

 

また、回収費が無料でも「運搬費」と称して数万円を要求するなど、悪質な業者もいます。

家の中に入ってきておどされると怖くて払ってしまう人が多いため、結果的に高くつくことも。

 

「安い」という言葉に惑わされず、真っ当な商売をしている業者かどうか、インターネットの口コミなども確認してからやり取りするようにしましょう。

 

まとめ

 

不用品もただ捨てればゴミですが、売ればいくらかでも収入になります。

ものによっては思わぬ高値がつくこともあるかもしれないですね。

 

家電もあまり頻繁に捨てるものではないので、手続きなどが面倒に感じてしまいます。

少しでも安く処分できるようにするには買い替えのタイミングで処分するのが一番良いかと思います。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

財布を紛失!悪用されないために、すぐにやるべき5つのこと

 

終活が40代から必要な理由【終活でやるべき7つの準備】

 

プラスチックの黄ばみ!4つの取り方【洗浄前後の写真あり】

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.