仕事のミスで消えたいと思っているあなたへ。【心を強くする方法】

更新日:

仕事でミスをすると、上司に怒られて落ち込むし、周りの人にも迷惑をかけて申し訳ないし、恥ずかしさでいっぱいになって「もう消えてしまいたい」と思うこともありますよね。

 

しかしその一方で、仕事でミスをしても落ち込むことなく、それを糧にして成長していく人すらいます。

その違いはどこからくるのでしょうか。

 

どうせなら仕事のミスを自分の糧に出来るよう、ミスをした時にただ落ち込むのではなく、どう向き合って対処すればいいのかということについてお話しします。

 

スポンサーリンク

仕事のミスで消えたいと思う3つの理由

仕事でミスをしても、ほとんど気にしない人もいます。

その一方で消えてなくなりたいと思う人もいますが、その理由は何でしょうか。

 

完璧主義だから

自分がこんな間違いをするなんて。

そんなはずはない。

完璧主義の人はミスをするとそんな思いにとらわれがちです。

 

ミスなんて誰でもするもの。

しかし完璧主義の人は、ミスしたこと自体が恥ずかしくて、消えたくなってしまいます。

 

何度も同じミスをしているから

「先日もミスをして怒られたばかりなのに」と思うと、もう恥ずかしさでいっぱいになりますよね。

 

こんな簡単なミスを繰り返してばかりで、どうして自分は仕事ができないのだろうと落ち込んでしまうでしょう。

 

上司が怖い

ミスをした時の上司の叱責があまりに怖くて、消えてしまいたいと思うこともあるでしょう。

 

ミスに対して人一倍厳しい上司もいますので、怒られることを考えると消えてなくなりたいと思ってしまいます。

 

スポンサーリンク

仕事でミスをしても落ち込まない方法

仕事でミスをしても消えたいと思わないようになるには、メンタルの訓練が必要です。

大丈夫、訓練すれば強くなります。

 

間違いは誰にでもあると思うこと

ミスをしない人間など、この世にいません。

どんなにできる人でも、間違いはつきものです。

それなら、自分が間違いをするのは仕方のないことだと思いませんか?

 

完璧な人間などこの世にいません。

その大前提を思い出しましょう。

 

誰だってミスをする

そう思えば、気が楽になるのではないでしょうか。

それを思い出して、一度気持ちをリセットしてみてください。

 

ただし、これは口に出して言うことではありません。

ミスをした側が言うと、開き直りと思われてしまうからです。

あくまでもあなたの心の中にしまっておきましょう。

 

ミスをしたことを素直に認めること

ミスをして恥ずかしいと思うことは誰にでもあることです。

できれば隠したい、バレないうちに何とかしたいと思うでしょう。

 

でも、ミスを隠そうとすると余計に傷口を広げる可能性があります。

恥ずかしいかもしれませんが、ミスしたことを素直に認め、どうすればいいかを相談しましょう。

 

厳しい上司ほど、早く報告をすることが大事です。

その方が早くリカバリーが出来ますし、結局は自分のためになります。

 

勇気を出してミスを認め、改善策を探ることで、ただ「消えたい」と落ち込むだけでなく、建設的な考え方が出来るようになります

 

仕事のミスで命を取られることはありません

ミスをしている立場で口に出して人に言ってはいけませんが、「ミスをしたって死ぬわけじゃない」と思ってください。

 

警察官や消防士など命がけの仕事でない限り、仕事でミスをしたくらいで命がなくなることはありません。

 

また、会社に大きな損害を与えない限り、仕事のミスでクビになることもありません。

 

だから、仕事のミスくらいでそんなに落ち込まないようにしましょう。

時には開き直りも必要です。

 

仕事のミスを防ぐ方法

仕事にミスはつきものだとはいっても、なるべくミスをしない方法をとらなくていけません。

ミスが続いているのなら、それを防ぐ手だてを考えましょう。

 

防ぐ工夫をしておけばミスを減らせますし、落ち込むことも少なくなりますよ。

 

ミスを想定しよう

ミスは誰にでもあるものですが、だからといってのほほんと構えていてはいけません。

この仕事はどんなミスが想定できるだろうかと、あらかじめ考えることも大切です。

 

具体的に想定できないのであれば、ミスをした場合に改善するための時間的な余裕をもって仕事をするなど、リカバリーに必要な時間を想定して仕事を進めてみてください。

 

同じ間違いは繰り返さないこと

仕事でミスばかりしているという時によく考えて欲しい点は、違った仕事でミスをしているのか、同じ間違いを繰り返しているのか、という点です。

 

なれない仕事でミスをするのは仕方がありません。

人には向き不向きがありますし、要領の良さなどもあります。

教え方が悪いという可能性もあります。

 

しかし、何度も同じ間違いをするのはいただけません

もしも一度教わっても理解できないなら、何度でも教えを乞うて、出来るまで自分で練習するとか、習得する努力をしなければいけません。

それが仕事です。

 

  • メモをしっかり取る
  • 指示は復唱して確認する

など、自分なりの間違いを繰り返さない工夫をしてみてください。

 

丁寧に仕事をする

指差しチェックではないですが、一つ一つの仕事を細かいところまでチェックして、手を抜かないことです。

 

小さなミスの積み重ねが大きなミスにつながりますから、慣れている仕事、簡単そうに見える仕事ほど、丁寧に仕事をしましょう

 

丁寧にやったとしてもミスする時はしますが、何となく適当にやってミスをするよりも、ミスをした後の対策も立てやすくなります。

 

仕事のミスで消えたい時の対処法・まとめ

ミスしてしまったことはどうしようもありません。

過去は変えられないので、ミスがなかったことには出来ない。

 

けれど、リカバリーすることは出来ます。

前を向きましょう。

 

落ち込んでいてもミスは消えないけれど、ミスを取り返すことなら出来るのですから、信頼回復のためにも「どうすればいいか」と前を向いて考えるクセを付けてください。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

関連理不尽なことの乗り越え方【気持ちが楽になる4つの乗り越え方とは】

 

関連ピンチをチャンスに変える12の名言【奮い立つ一流の言葉】

 

関連考え方を変える方法!私が実践して効果があった「7つの方法」

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.