退職には3つの覚悟が必要【迷ったままの現状維持をしていませんか】

更新日:

転職を繰り返してキャリアップをしていく欧米とは違い、日本ではまだまだ会社を辞めるということのハードルは高いもの。

 

だからこそ、辞めるには覚悟が必要になります。

何となくもっといい会社に行きたいなとか、給料が上がったらいいな、と思っているだけでは退職はできません。

退職は、覚悟を決めて計画を立て、実行することが大切です。

 

スポンサーリンク

退職に覚悟が必要な理由

今の会社を辞めたいと思う理由は人それぞれでしょう。

お給料が安いとか、人間関係がイヤだとか、仕事にやりがいが感じられないとか。

 

しかし、たいていの人は退職したいと思いながらも、退職することなく、退職に向けての努力をするわけでもなく、「いつか辞めたいな」と迷ったままの現状維持をしてしまいます。

 

なぜ迷ったままの現状維持になってしまうのか。

それは次のような2つの理由があります。

 

想像以上のエネルギーが必要だから

結婚している人は配偶者の理解が必要でしょう。

給料はどうなるのか、通勤はどうなるのか、それによっては反対される可能性もあります。

 

また、もっといい会社に転職したいと思っても、すぐに見つかるかどうかはわかりません。

 

転職活動は想像以上にエネルギーを使います

もし失敗したら、会社にバレたら。

色々なリスクを考えると、なかなか一歩を踏み出せません。

 

特に30代になると、結婚して子供がいる人も多いでしょう。

家族を抱えた中で一家の大黒柱が会社を退職することは、なかなか決断できるものではありません。

 

不満はあるけれど一応給料はもらえているし、お酒でもを飲んで上司の愚痴をこぼして終わりにしようと思ってしまう人がほとんどです。

だからこそ、退職してその環境から抜け出すには強い覚悟が必要になります。

 

スポンサーリンク

人間は変化を嫌う生き物だから

今の嫌な会社を辞めて、もっといい会社を目指すということは、自分にとっても家族にとってもいいことのはず。

 

それなのに一歩を踏み出せないのは、なんだかんだいって今の状態が心地よいからです。

それほど給料は高くないかもしれないけれど、適度に文句を言いながら何となく仕事をしている。

 

その状態から抜け出すエネルギーを使うよりも、そのままでいた方が楽だからです。

 

人間の脳は変化を嫌いますから、多少の不満はあっても上を目指す労力を考えたら「まあいっか」と思ってしまいます。

 

退職するために必要な3つの覚悟

現状を変えるにはエネルギーが必要です。

ストレスに耐える気力も必要です。

 

だから、強い覚悟がないと会社は辞めらません。

では、どんな覚悟をすれば退職できるのでしょうか。

 

嫌われる勇気を持つ

会社を辞めるというと、必ずといっていいほど「忠告」をしてくる人がいます。

それは身内にもいるし、同僚など周りにもいます。

 

  • その年で転職なんてうまくいくはずがない
  • 今の会社でいいじゃないか
  • 安定した生活を捨てる必要はない

など、色々言ってくると思います。

 

しかし、そのままの境遇でいて将来、後悔したとしても誰も責任を取ってくれるわけではありません

 

自分で「本当にこれでいいんだ」と覚悟を決めて前に進むなら、その人たちに嫌われても大丈夫です。

また違った友人ができますから。

 

自分の能力を見極める

転職活動での不安は「採用が決まるかどうか」ですよね。

 

自分のスキルに自信があれば、再就職にも不安はないはずです。

しかし、不安になるということは心のどこかに、「自分の能力では通用しないのではないのか」という気持ちがある証拠です。

 

そのためにも今の自分のスキルや市場価値というものを冷静に把握することが必要です。

まずは転職サイトなどでチェックしてみることをおすすめします

参考既卒・フリーター・第二新卒におすすめの転職サイト2選!

 

今の能力で通用しないのであれば、いつでも辞められるように努力するしかありません。

 

自分の市場価値が低いという現実を突きつけられるのは非常に辛いですよね。

これまでの社会人生活で何をしてきたんだろうと落ち込むかもしれません。

 

しかし、自分がどこにいるのかを知らなければ目指す地点もわかりません

ですから、勇気を持って自分の能力を把握しましょう。

 

途中で妥協しない

転職活動がスムーズにいかないと、本当に辞めてもいいんだろうかと迷いが出てくることがあります。

 

それで退職を断念する人も少なくありません。

だからこそ、途中で妥協しない強い覚悟が必要です。

 

もっといい給料がもらえる会社に移って豊かな暮らしをするんだとか、自分が本当にやりたかった仕事をやるんだという、自分の覚悟を思い出してください。

 

妥協して今の会社にとどまるのも、妥協して適当な会社に入るのも、どちらもよくありません

 

自分の人生をどうしたいのかということを常に考え、より良い人生を生きるために行動しているのだという覚悟を忘れないようにしてください。

 

退職は自分の人生を好転させるためのもの

今の仕事がイヤだから、会社の人間関係がイヤだから、何となく違う会社に行きたいという程度の気持ちでは、どんな会社に行ってもきっとうまくいきません。

 

人生のステージを変えるということは、大きなリスクを伴うものです。

そのリスクを取らずに、少ない労力で現状を変えようということ自体が無理な話。

 

家族のことも考えなくてはいけないけれど、最終的には自分の人生。

自分がどう生きていきたいのか、真剣に考えるいい機会です。

 

強い覚悟を持って望めば、無事に退職できても、今の会社で頑張ろうと思い直したとしても、どちらでもかまいません。

 

一番いけないことは「何となく」やりすごすことですから、自分の人生を好転させるためにはどうすることがベストなのか、真剣に考えてみてください。

 

退職に必要な3つの覚悟・まとめ

日本は退職するということに対してネガティブなイメージを持たれることが多いので、本当に覚悟がいりますよね。

 

でも、覚悟を決めて転職すると、やはり得られるものは大きいものです。

それはやりがいかもしれないしお給料かもしれませんが、本気で立ち向かった人にしか得られないものがあります。

 

もしあなたが転職したいと思うなら、覚悟を決めることが出来るかどうかに成否がかかっています。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

関連会社員以外の生き方8選!サラリーマンでなくても食べていく方法

 

関連コミュニケーション能力に自信のない人でもデキる!就活対策7選

 

関連仕事を辞めたい感情が「甘え」と「甘えではない」場合の違い

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.