ひまし油の効果で便秘も解消【効果的な飲み方・注意点】

更新日:

 

ひまし油という油をご存知ですか?

カスターオイル(キャスターオイル)とも呼ばれるオイルで、トウゴマという植物から採れる油です。

 

古代エジプトの時代から使われてきたオイルですが、飲用することで便秘の解消にも役立ちます。

ただ、飲み方にはちょっと注意が必要なので、効果とあわせて使い方についても詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

ひまし油の便秘解消効果

 

ひまし油がなぜ便秘の解消に役立つのか、それは含まれている成分に秘密があります。

 

リシノール酸がデトックスを可能にする

ひまし油の主成分はリシノール酸(リチノール酸)という脂肪酸で、これが90%を占めています。

 

このリシノール酸は腸を刺激し、その働きを活性化するという働きがあります。

そのため、主成分のほとんどがリシノール酸であるひまし油は、便秘の解消に役立つと言われています。

 

私たちが普段料理に使うオイルでこれだけのリシノール酸が含まれているものは他にないでしょう。

 

飲用することで便を排出

通常ひまし油は身体に塗ることで美容や健康に役立てることが多いオイルですが、便秘の解消効果を得たい時には身体の中に直接取り入れる、という方法で使います。

 

ひまし油を飲むことで腸の蠕動(ぜんどう)運動を促し、オイルの「滑腸作用」によって便の滑りも良くなるため、便通を促進してくれるのです。

 

スポンサーリンク

効果的なひまし油の飲み方

 

それでは、ひまし油はどのように取り入れればいいのか、効果的な飲み方について紹介します。

 

1日1回にしておく

便秘を早く解消したいからと1日何度も飲むことはやめましょう。

1日1回に留め、15ml(大さじ1杯程度)を上限にしましょう。

 

ちなみに日本薬局方のひまし油の注意書きには、成人の用量は15~30ml、上限は60mlとなっています。

(参考:http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00005191.pdf

 

トイレに行きやすい休日がおすすめ

ひまし油の下剤効果はとても強いので、飲んでから数時間でトイレに行きたくなるでしょう。

ですから、仕事のある日に飲むのは避けた方がいいかもしれません。

安心してトイレに行けるように、予定のない休日に試すことをおすすめします。

 

何かに混ぜて飲む

そのまま飲める人は、もちろんスプーンなどで直接飲んでも構いません。

ただ、ひまし油独特の香りが気になって飲みづらい、という場合はほんの少し温めて、飲み物に入れて飲んでもいいでしょう

 

牛乳などが飲みやすいと言われていますが、そこは好みがあると思いますので、自分が飲みやすい飲み方を探してみてください。

 

食前がおすすめ

ひまし油を飲むなら、胃腸が空になっている食前がおすすめです。

食後だと食べ物がたっぷり入ってしまっているので、胃腸が空になっている時に摂取して、胃腸の働きを活性化していきましょう。

 

ひまし油を飲んだ後の食事は軽めに

ひまし油を飲むとすぐに腸が動き出します。

腸の中の余計なものを排出しやすいように、ひまし油を飲んだ後にどか食いするのは避けてください

 

食事はおかゆやうどんなど、軽めのものがおすすめです。

 

ひまし油は料理に使えないの?

油を飲むのはちょっと抵抗があるから、普通に料理に使えないの?

と思うかもしれませんが、ひまし油は「食用」として売っているものではありません。

 

下剤と言ってもいいほどの強力な作用がありますから、そもそも調理には向いていないオイルです。

 

ひまし油はどこで買える?

 

ひまし油はスーパーでは売っていません。

薬局やAmazon、楽天などのインターネット通販などで購入できます。

 

ひまし油を飲む時の注意

 

ひまし油は確かに便秘の解消に効果がありますが、ただ、たくさん飲めばいいというものではありません。

飲み過ぎればお腹がゆるくなったり、吐き気や嘔吐などの症状が出てしまう場合もあります。

 

あくまでも適量を守り、体調と相談しながら過剰摂取にならないように気をつけてください。

 

長期にわたって飲用しない

ひまし油の下剤効果は非常に強いので、便秘で悩んでいたとしても常用するのは控えてください

 

あまり続けて飲むと、便秘解消を通り越して下痢の状態になってしまいます。

続ける場合は1週間程度にして、体調を見ながら量も加減してください。

 

市販の下剤と同じで、あまりにひまし油に頼りすぎてしまうと腸が自ら動こうとする力が弱ってしまう可能性もあります。

 

身体の声を聞く

ちょっと便秘気味だけれど、今日はひまし油をあまり飲みたくないと感じたら、それは身体が必要としていないということです。

無理に飲むのはやめた方がいいでしょう。

 

身体が慣れていないと吐き気など副作用のような症状が起きることもあります。

少量から始めて、体調を見ながら飲むようにしてください。

 

飲用グレードのものを選ぶ

ひまし油は、顔や身体に塗ったり、石鹸などの化粧品の材料として使うものと、飲用できるものがあります。

化粧品グレードのものは飲用に適さないので、必ず飲めるひまし油であること確認してから飲むようにしてください。

 

まとめ

 

ひまし油を飲むことで便秘が解消できれば腸内環境が整い、消化吸収力が高まったり、善玉菌の働きが活発になって免疫力がアップする効果も期待できます。

 

ただし、本当に作用が強いので、辛い時だけ飲むようにして、あまり続けて飲まないように、それだけ気をつけてください。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

おならが臭い!回数も多い場合、考えられる病名や対策の方法

 

コーヒーの飲み過ぎによる【病気・症状】を分かりやすく紹介

 

炭酸水の美味しい飲み方7選【目的に応じた飲み方を紹介】

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.