洗濯物の臭いの取り方!熱湯でビックリするほど臭いが消えた

更新日:

 

きちんと洗ったはずなのに洗濯物がどうにも臭う。

そんな時に試して欲しいのが「熱湯洗い」です。

 

いつもの洗濯だけでは落ちない臭いを熱湯が落としてくれるんですね。

熱湯で洗うだけで気になる臭いもスッキリ解消!

お湯さえあれば出来るので、早速やってみましょう!

 

スポンサーリンク

生臭さの原因は雑菌だった!

 

ちゃんと洗ったはずのタオルや下着が何だか臭う。

それは雑菌の繁殖が原因です。

 

洗濯槽から菌が移ったり、生乾きで雑菌が繁殖してしまっているので、普通に洗濯をしても臭いは落ちません

まして、香りの強い洗剤や柔軟剤でごまかそうとすると、余計にひどい臭いになります。

 

この雑菌を何とかしないと、いくら洗濯しても臭いは変わらないのです。

雑菌がついている下着を身に着けたり、そんなタオルで顔や身体を拭いていると思うととても気持ちが悪いですよね。

 

雑菌は濡れている間に増殖してくので、いくら洗濯しても生乾きの間にまた増えてしまう。

だからいくら洗っても臭いだけは取れないのです。

 

スポンサーリンク

熱湯で煮る

 

かといって、まだ着られる衣類を臭いだけで捨ててしまうのはもったいない。

そこで試して欲しいのが、熱湯洗いです。

 

何も特別な洗剤などはいりません。

ただ熱湯につけ込むだけでOK。

これならすぐにでも出来ますよね。

 

熱湯洗い:漬け込み編

鍋にお湯を沸かすか、もしくは沸かしたお湯を洗濯物が入るだけの大きさ(深さ)のある洗面器などに入れます。

 

そこに衣類を漬け込んで、30分~1時間ほどおきます。

これで漬け込み完了。

 

洗面器だとすぐにお湯が冷めてしまうので、時々熱湯を足してください。

50度以上がキープできれば大丈夫です

 

時間が経ったらお湯ごと洗濯機に入れて、普通に洗います。

 

熱湯洗い:煮洗い編

下着など多少シワになってもいい衣類、臭いがつきやすいタオル類などは、ぐつぐつとお湯で煮込むとさらに効果的です。

 

鍋にお湯をわかし、そこに衣類を入れます。

そのまま20分ほど煮込みます。

あとはお湯を捨てて、普通に洗濯すれば完了です。

 

やや深めの鍋を用意するといい

料理に使う鍋で洗濯物を洗うのは抵抗があるかもしれません。

安い物で構わないので、煮洗い専用にやや大きめの鍋を一つ買っておくといいですよ。

 

タオルだけでなく、靴下も臭いがスッキリしますから、月に1回くらいまとめて熱湯消毒することをおすすめします。

 

梅雨の時期も鍋さえあれば熱湯消毒が出来ますから、部屋干しの臭いも気になりません。

鍋以外なら、蓋付きのバケツでもOKです。

 

バスタオルなどはバスタブで

大きな鍋といっても、バスタオルを数枚となるとちょっと入りませんね。

かといって1枚ずつ洗うのは面倒。

 

そんな時に役立つのがバスタブです。

お湯を沸かす手間はありますが、バスタブに洗濯物を入れ、そこにお湯を注ぐだけで熱湯消毒ができます。

 

お風呂の栓をしてお湯を入れ、洗濯物を漬け込みます。

時間が経ったらお湯を抜くだけ。

後は普通に洗濯してください。

 

ただし、バスタブの素材には注意してくださいね

熱湯を入れても大丈夫かどうか、確認してからやった方がいいでしょう。

 

熱湯+酸素系漂白剤に漬けるとより効果的

 

漂白剤は、実は水で漬けるよりもお湯で漬けた方が効果的です。

それも、普通に触ることができるくらいのお湯の温度ではなくて、50度以上のお湯を使った方がよく落ちます。

 

1.鍋にお湯を沸かします。

2.火を止めて酸素系漂白剤を入れます。

3.洗濯物を入れ蓋をして、そのまま30分~1時間くらい漬けておきます。

4.その後は普通に洗濯をしてください。

 

雑菌だけでなく色も落ちることがあるので、色柄ものは避けた方がいいかもしれません

 

熱湯洗いで気をつけること

 

煮洗いはとても簡単な臭いの取り方ですが、いくつか注意して欲しいことがあります。

 

やけどに注意

洗濯物を漬け込むとなるとそれなりのお湯の量を使いますので、やけどをしないように注意してください。

 

できればゴムの手袋をして、ものがしっかり掴めるトングのようなものがあるとやりやすいですよ。

洗濯物がお湯から顔を出さないようにしっかり漬け込みたいので、トングもしくは菜箸のような物を使ってお湯に沈めてください

 

色柄ものと白ものは分ける

落ちるのは雑菌だけではありません。

割と色も落ちやすいので、真っ白な物とそれ以外のものに分けましょう

 

また、色柄物も、一部の濃い色が落ちて白い部分に色を付けてしまうことがあります。

失敗しても大丈夫な柄の物だけにしておいた方が無難です。

 

デリケートな素材はNG

基本的には、熱に強い綿や麻の素材だけにしておいた方がいいでしょう。

 

・シルク

・ウール

・ポリエステルなどの化繊

は、生地を傷めてしまうことがあります。

 

洗濯物を洗濯機に入れっ放しにしないことも大事

 

脱いだ衣類やタオルはどこにおいていますか?

 

どうせ明日洗濯するからと、洗濯機の中に入れていないでしょうか。

それが雑菌が繁殖する原因かもしれません。

 

洗濯機の中は湿気がありますし、その中に汗や汚れがついた衣類を入れておけば、当然雑菌が繁殖しやすくなります。

洗濯前の衣類は通気性の良いカゴなどに入れておきましょう

 

まとめ

 

一度試してみると、そのスッキリ感がクセになる熱湯消毒。

黄ばんだタオルや下着もスッキリきれいになります。

 

毎回は出来ませんが、月に1度くらいは臭いがつきやすい衣類などをまとめて煮洗いしてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

ワイシャツの黄ばみはクリーニングで落ちる?原因や対策まとめ

 

革靴の臭いを重曹で消す方法!【写真と動画付き】簡単消臭!

 

頭の臭い対策!男は皮脂をコントロールすれば臭いが無くなる!

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.