イエスマンをやめたい人必見!断れない心理を変える3つのコツ

投稿日:

「イエスマン」という映画をご存知ですか?

ひょんな事から人生において全ての選択に「イエス」と答える事が幸福への近道、と教えられた男性が繰り広げる痛快コメディとなっています。

 

自分の言いたい事を言えず、気が進まなくても何となく周囲に同調してしまったり、厄介ごとを引き受けてしまうイエスマン、皆さんの中に覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

頼まれごとを断るのは勇気が必要ですし、物事を荒立てたくない気持ちもよく分かります。

しかしイエスマンは良く言えば「協調性がある人、頼りになる人」ですが、悪く言えば「自分を持っていない人、便利な人」と思われかねません。

 

今回はそんなイエスマンから脱出したいと思う方に向けて、イエスマンでいる事のデメリットとイエスマンをやめる3つのコツを紹介します。

 

スポンサーリンク

イエスマンでいる事のデメリット

 

社会的信頼を得にくい

社会に出れば、イエスマンであるが故の不利益を被る事が沢山あります。

たとえば会社で、締め切りが近いとても大切な仕事を、同時に2つ頼まれたらどうするでしょうか?

 

今、どちらも引き受けて自分が頑張れば良い、と思われた方は要注意!

もちろん会社なのですから断らないにこしたことはありませんが、それでも仕事に優先順位を立てて取り組んでいれば、「あえてやらない」業務も当然出てきます。

 

頼まれごとを引き受けることが出来ない状況でありながら、断ることが出来ず、結果的に中途半端な仕事をすれば、「自分の力量を分かっていない意思決定の出来ない人」というレッテルを貼られてしまう事にもなりかねません。

 

「出来るか確証はないけれど、断りづらいから引き受けてしまった」という人に、あなたは大切な仕事を安心して任せる事は出来るでしょうか?

 

都合の良い人として良いように使われてしまう

これは仕事でもプライベートでも言える事ですが、なんでも引き受けてくれる人と思われてしまうのは、あなた自身のために良くありません。

 

イエスマンの特徴の1つとして、「頼みごとを断ると嫌われてしまう」という恐れを抱く方が多いということがあります。

そのため仮に自分がどれだけ忙しくても、相手の頼みごとを優先し、結果自分のやりたかった事が出来ずストレスだけが溜まってしまうという事もあります。

 

また周囲も同様、常にあなたがイエスと引き受ける事で「やってくれてありがとう」から「やってくれて当たり前の便利な存在」に周囲の気持ちが変化していってしまう危険性もあります。(全員がそうではありませんが、そう思う方も一定数いるようです)

 

自分と同じ「イエスマン」に依存してしまう

イエスマンは、自分の意見に同調してくれるイエスマンを好む傾向にあります。

そのため反対意見を言える人や自分をしっかり持っているいわゆるNOマンな人に対して「空気の読めない人」と排他的になってしまいます

 

しかし同じ方向ばかりを見ている人同士で集まると、仮に目標と全く違う方向に歩きだしていても誰も言い出せず、結果全然違う場所に行きついてしまったという事も起こりかねません。

 

たとえば企業の同族経営が例によくあがっていますが、同じ目線で同じ方向だけを見続けるよりも、違う目線を持つ人を迎え入れる事で、多方向から目的地を客観視できるというメリットもあります。

 

スポンサーリンク

イエスマンをやめる3つのコツ

 

嫌われる事を恐れない

断ったら嫌われてしまうかもしれない、その気持ちを捨てるようにしましょう。

もちろん頼まれごとを断られたら誰しも多少ガッカリはするかもしれませんが、大抵きちんと理由を伝えれば納得してくれる人ばかりです。

 

話が少し戻りますが大切な仕事を同時に頼まれた際に、「こちらの仕事をしっかりやり遂げたいので、今この仕事はお受けすることは難しいです」と言って激怒される事はほとんどないはずです。

「できません」よりも「難しいです」という表現の方が、やわらかく断れるためおススメです。

 

自分を大切にする

自分を大事に出来るのは自分しかいません。

自分に余裕がないのに他人に何かを分け与える事は難しく、結果中途半端に終わってしまうのは相手にとっても有難いものではないはずです。

 

特に仕事であれば当然ながら努力値ではなく成果が重要視されますから、良い顔をして無理をするのはやめましょう。

自分を大事にするからこそ他人を大事に出来る、これを忘れないようにしましょう。

 

心の声を素直に口に出してみる

たとえば「この仕事、代わりにやっておいて」と言われたら、あなたはどう思うでしょうか?

 

「買い物に付き合って」

「この映画一緒に見る人いないんだけど」

「飲み会のお店代表で予約して」

など、人にお願いごとをされる時、心の中で何か湧きあがってくる感情があると思います。

 

それこそがあなたの本心であり、あなたが本当にしたい事だという事を理解してあげましょう。

そしてその声をもう少しだけ口に出しても自分はいいんだと、自分に許してあげる事から始めてみませんか。

 

まとめ

 

イエスマンである原因の多くは「人に嫌われたくない」という恐れでしょうが、きっとそんなあなたは心の優しい人なのでしょう。

 

ただし、優しい人とイエスマンは全くの別物で、繰り返すようですが「自分に優しくない人」が他人に本当の意味で優しくする事は出来ません。

 

あなたが考える「自分らしい自分」とは一体どんなあなたなのか?

常に頭に描きつつ、ストレスの貯まらない日常を送る事が大切です。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

関連嫌われたくない症候群の治し方【嫌われたって怖くない!】

 

関連「人に裏切られるのが怖い」という恐怖心を乗り越える考え方

 

関連素直になれない心理とは?【心の壁を低くする6つの方法】

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2018 All Rights Reserved.