話しかけやすい雰囲気作りのコツ【どうすれば話しかけられるのか?】

投稿日:

社会には、情熱的な人もいれば、冷静沈着な人もいます。

リアクションが大きな人もいれば、控えめな人もいます。

実に千差万別です。

 

では、コミュニケーションを取る際の雰囲気はどうでしょうか?

同じように情熱的な人でも、同性からも異性からも話しかけやすい人と、話しかけにくい人に分けられるのではないでしょうか。

 

「恋人がほしい」と願っているのであれば、話しかけやすい雰囲気作りはとても大切です。

どうしても恋人ができないのは、話かけにくい雰囲気を自分で作ってしまっているからかもしれません。

 

今回は「話しかけやすい雰囲気作り2つのコツ」についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

話しかけやすい雰囲気作り2つのコツ

話しかけやすい雰囲気作りのコツは2つ、「清潔感のある外見」と、「表情」です。

それらについて、詳しく紹介します。

 

清潔感を大切にする

人の第一印象は見た目が九割」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

これはアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンの提唱する「メラビアンの法則」に基づいた数値です。

 

聞き手に与える話し手の影響力は、「言語情報:聴覚情報:視覚情報=7:38:55」となっています。

「非言語情報」の影響力は九割以上を占めているのです。

 

数値にどこまで真実味があるのかはさておき、「見た目の感じが悪い人」に対して、話しかけやすいと思う人はいないでしょう。

当然、話かけにくいと思うはずです。

 

話しかけやすい雰囲気を作るためには、まずは「見た目の印象を良くすること」が大切になります。

 

ここでのポイントは「清潔感」です。

オシャレかどうかではありません。

 

ヒゲ、髪型、ワイシャツ、靴など、清潔感があれば自然と話しかけやすい雰囲気を作ることができます

逆に不潔だと、異性から嫌悪されるのは言うまでもありません。

 

柔らかい表情を意識する

清潔感と共に大切なのが表情です。

 

せっかく清潔感溢れる身だしなみなのに、表情が険しかったら異性は話しかけにくくなります

 

本人は真剣な表情をしているだけかもしれませんが、それが異性にとってはハードルになっているかもしれません。

真剣な表情は、一見すると怒っているようにも見えるからです。

 

だからといってニヤニヤしている必要はないのですが、「優しい表情」、「柔らかい表情」を意識しましょう

 

「相手と目があったら笑顔で返す」ようにしてください。

「この人なら自分を受け止めてもらえる」という気持ちを与えることができます。

 

スポンサーリンク

コーチングをとり入れて聞き上手になる

相手との関わり合い方として、「コーチング」や「カウンセリング」、「メンタリング」や「ティーチング」などがありますが、コーチングの要領をとり入れると、相手はグンと話しやすくなります。

 

コーチングのポイント

Coachとは、「馬車」の意味です。

大切な人を望む場所まで送り届けるのが目的です。

 

ですからコーチングでは相手との対話を重要視し、コーチは徹底的にクライアントの話を聞くことになります。

 

コーチとクライアントはあくまでも対等な関係で、コーチは相手の話しを聞いても反論しませんし、否定もしません。

こうして「話を聞いて、受け止める」ことで信頼関係を築くことができるのです。

 

信頼関係が築けると心を開くことになるので、さらに話がしやすくなります。

コーチングではここでコーチが質問をしていくことで、クライアントに考えさせ、重要な気づきをもたらすことになります。

 

コーチングでのNG

実際はコーチングをするわけではありませんので、ひたすら聞き手に回る必要はないのですが、「話すよりも聞くことを重要視した方が、話しやすい雰囲気を作れる」のは間違いありません。

 

コーチングでは「相手に価値観を押し付ける」ことはタブーです。

例えそれが正論であっても、相手の意見を押し付けられると人は不愉快な気持になります。

 

すぐに自分の「自慢話をしたがる人」がいますが、これも同じような効果がありますので注意してください。

 

話しやすい雰囲気を作りたいのであれば、「自分を理解してもらおうとする前に、まずは相手を理解しようとすること」です。

この姿勢が相手に共感をもたらすことになります。

 

話を聞きながら「頷く」リアクションは、「あなたの話をしっかり聞いているよ」というサインになりますので効果的です。

 

話しかけやすい雰囲気作り・まとめ

話しかけやすい雰囲気を作りたいのであれば、何よりまずは見た目を「良い印象を持たれる」ように変えていきましょう。

 

そして「相手の意見や考えを尊重し、話をたくさん聞こうとする」ことです。

柔らかい表情で質問していけば、相手はどんどん話をしてくれるようになります。

 

相手にどう見られるのか、客観的に自分の格好や表情を見つめてみましょう。

そこを改善していくだけでも状況はまったく変わってきます。

 

「この人話かけやすいな」と感じる人がいたら、なぜそう思うのかを心に留めておくことも大切です。

参考にしていくことができます。

 

「自分はダメだ」と落ち込む必要はありません。

話しかけやすい雰囲気は工夫することで、いくらでも変えていくことはできるのです。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

関連会話が下手な人の特徴と【すぐにできる簡単3つの対処法】

 

関連言いたいことが伝わらない!相手に話が「伝わる」7つのコツ

 

関連伝え方や説明が下手な人へ【営業のプロ直伝】話し方7つのコツ

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2018 All Rights Reserved.