外見(見た目)で性格が判断されてしまう4つの理由【外見の重要性】

更新日:

「人は見た目だけで決めてはいけない」という言葉があります。

 

一見すると恐い人のようでも、内面はとても優しい人もいますし、逆に、とても気さくな笑顔で信用できそうな人でも、実は人を騙して生きている人もいます。

 

良い意味でも悪い意味でも、人を外見だけで判断することは間違いをおかす危険性がありますから、じっくりと交流を深めてみないと相手の本当の性格はわかりません。

 

しかし、一方でその人の性格や感情、本音というものが外見に反映しているという側面もあります。

今回は、外見でおおかたの性格が判断されてしまう理由についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

体型や服装、髪型から見えるもの

初対面では相手の本性はわからないものですが、顔つきや外見は「その人の人生の生き様を表している」という考え方があります。

 

体型に表れる生活習慣

体型を見て、太っているから、痩せているからといって、その人の性格が優しいのか、怒りっぽいのか、正義感に溢れているのか、人をすぐに裏切るのかということは判断できないでしょう。

もしそう感じたのなら、早とちりというものです。

 

ただ、体型を見て、その人の生活習慣は想像できそうです。

適度な運動をして、常に高いパフォーマンスを発揮しようと自己鍛錬している人と、そうでない人は体型でわかります。

 

少し太っていても、姿勢が正しく、体幹が鍛えられていれば、健全な精神状態であることが感じられるはずです。

 

逆に、だらしない体つきであれば、やはり生活態度もだらしないでしょうし、常にネガティブな思考が強いようだとうつむき加減で、猫背になりがちです。

 

服装に表れるセンス、髪に表れる清潔感

「センスは服装に出る。美意識は爪に出る。清潔感は髪に出る。」という言葉があります。

 

たしかに、服装がバラバラにコーディネイトされていたり、ボロボロの洋服を着て、爪は伸び、髪も不潔であれば、無頓着で相手の目を気にしない性格であることを示しているでしょう。

この場合、相手にそう判断されても仕方ありません。

 

いい加減な服装や髪形をしていたり、汚れた靴を気にせず履いていたりすることは、その人の社会に向き合う態度や姿勢、社会通念を表していると考えられます。

このような性格はじっくりと交流を深めても同じ結果になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

顔つきや仕草から見えるもの

顔に表れる性格

ココ・シャネルの有名な言葉に「20歳の顔は自然からの贈り物、50歳の顔はあなた自身の功績」というものがあります。

どのような人生を過ごしてきたのかは、やはり顔つきに出るものですね。

 

表情筋の癖や発達具合は、その人が日々の生活の中で最も多く表現する感情を表しています。

感謝の気持ちが強く、笑顔が多い人生を過ごしてきたのであれば、口角を上げる筋肉は鍛えられています。

素敵な笑顔に相応しいシワが刻まれてきているはずです。

 

逆に感謝の気持ちをあまり表現せず、常に自分の心が満たされないことに対して不満や不平を感じているのならば、しかめっ面が多くなり、眉間にシワが寄り、口角は下がっています。

どんなに化粧や豪華な衣装で繕っても、隠しきれない性格が顔に出るのです。

 

顔はまさに内面を映し出す鏡のような役割をしているといえます。

 

仕草に表れる本音

口角を上げて笑顔を作っても、目が笑っていないと相手に与える印象は大きく変わります。

警戒心から本心を覆い隠そうとしているように感じるわけですから、それを見ると違和感や恐怖心を抱きます。

 

落ち着きのなさは足に出るともいいます。

姿勢が良く、自然な笑顔を浮かべていても、貧乏ゆすりを繰り返しているようでしたら、気持ちは別の方に向いているのでしょうし、自分の感情をコントロールできないことを示しています。

 

このようにちょっとした表情や仕草は、無意識のうちに本音を表しています。

もしかしたら自分自身でも気づいていない性格が、そういった仕草に出るのかもしれません。

 

外見で性格が判断される理由・まとめ

外見だけでその人の内面を100%理解することはできません。

ただし、外見と内面が100%違うということもないのです。

 

内面は必ず外見に表れます。

どんなに意識してそれを隠そうとしても、歩き方や後ろ姿、仕草などに出てしまうのです。

 

不潔でも平気な人だと思われたくないのならば、清潔感のある外見を気にしましょう。

自分にだらしない性格だと思われたくないのならば、日頃の生活習慣を改善し、自制した生活を送るべきです。

 

感謝する気持ちをいつも大切にしていれば、それもまた外見に表れてきます。

するとその微笑みによって、接した人に安心感を与え、信頼してもらえるようになるはずです。

 

外見を変えるということは簡単に思えて、実は根本から変えるためには内面を変える必要があるのです。

 

そう考えてみると、おおかたの性格を外見で判断することは、あながち間違いとは言えないのではないでしょうか。

相手に好感を持ってもらえるように、日々、自分を磨いていきたいですね。

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

関連話しかけやすい雰囲気作りのコツ【どうすれば話しかけられるのか?】

 

関連好感度がアップする7つの方法【営業のプロ直伝】

 

関連なりたい自分になるための「引き寄せの法則」を実践するコツ

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.