夫婦の会話が噛み合わない時の3つの解決法【男女の会話の違いとは】

投稿日:

つきあっていた頃はもっと楽しかったのに。

結婚してからは何だか会話が噛み合なくて、すれ違っているような気がすることはありませんか。

 

それは、男女が違う生き物なのに、それを理解しないまま会話を進めようとするからです。

 

今回は、なぜ夫婦の会話が噛み合ないのか、楽しく会話をするにはどうしたらいいのかについて紹介します。

 

スポンサーリンク

夫婦の会話の違い

男女は平等ですが、それは人としての価値という点での話であって、男女は全く違う生き物です。

その点を見逃してしまうと、様々な誤解が生じてしまいます。

 

男性の会話の特徴

男性はまず事実ありき。

会話の中でも「結論」を求めます。

 

そのため女性のように、とりとめもない話を何時間も続けるという芸当はできません。

それは、男性が結果を重視する生き物だからです。

 

話の上でも、「結局どうなったのか」ということを明らかにしないとスッキリしません

これは男性が仕事の上で、

  • 何事も論理的に話すこと
  • 感情を交えずに事実を話すこと
  • 効率的に

を求められていることが影響しているとも考えられます。

 

また、「正しいこと」にもこだわる傾向がありますから、女性が話していると「それはこうじゃない?」と正論で攻めてしまいがちです。

 

女性の会話の特徴

事実や正論を重視する男性と違い、女性は自分の気持ち感情を重視します。

そのため女性同士の話は、とりとめもない、結論の出ない会話になりがちです。

 

男性としては「相談されたからには答えを出さないといけない」と思ってしまいますが、女性は答えを求めていません

 

ただ話をしたいだけなのに、男性が「それは君が間違ってるんじゃない?」なんて言ってしまうと、「そんなことは聞いていない!」と大げんかになる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

夫婦の会話が噛み合わない原因

夫婦の会話が噛み合ない原因は、ずばり感情と理論の違いです。

女性は感情を話している

男性は理論、結論を話している

だから会話が噛み合いません。

 

結論を重視する男性からすると、話の目的が分からないまま、こんなことがあった、自分がどう思ったなどと話をされると、結局何について話をしているのか分からずイライラします。

 

逆に女性からすると、事実や結果しか話さず、どう思ったのかとか、自分の心の内を話してくれないと、え、それだけ?と物足りなくなってしまいます。

 

本人の性格も多分に影響していますが、性別による違いはどうしようもありません。

これだけの違いがあるということを前提に、会話の仕方を考える必要があります

 

夫婦の会話が噛み合ない時の3つの解決策

男女は違う生き物なのですから、どちらが正しいというものでもないですし、どちらにあわせるべきというのもおかしいですね。

 

やはりここは、歩み寄りが大事になります。

お互いの違いを受け入れ、その上でお互いに会話を楽しむ方法はないかを考えてみましょう。

 

妻の会話は「共感する」こと

奥さんが何かを話し出した時に、「この話はどんな結論なんだろう?」「どこまでどう続くんだろう?」と男性は「結論」を急ぎがちです。

 

ここで、女性は自分の気持ちを話したがっているということを思い出してください。

 

答えや結論を求めているのではなくて、こんなことがあったよ、それに対してどう思ったかを「ただ聞いて欲しい」わけです。

  • そうなんだ
  • そんなことがあったんだね
  • それは楽しかったね
  • よかったね

 

そうやってただ受け止めて、共感することがポイントです。

どう思ったのか、どう感じたのかということに対して、答えを返してみてください。

 

男性にとっては目的の無い会話で疲れるかもしれませんが、女性はただ会話のキャッチボールを楽しみたいだけ。

結論はどうでもいいのです。

 

それを忘れないようにして、奥様の気持ちをそのまま受け止めるようにしてみてください。

 

夫には「話の趣旨」を最初に話すこと

次は、奥様に気をつけてもらいたいことです。

男性は結論のない話やとりとめのない話は疲れてしまうので、「何を言いたいのか」という話の趣旨を最初に話すことです。

 

また、相手の話を聞く際も「この人は今何を言いたいと思っているのか」ということを考えてみてください。

 

男性は自分の感情を伝えるために話をするのではなく、例えば「今このことで困っているからこうして欲しい」などと、具体的に伝えてきます。

 

そのため、夫と話をする時には「事実」を中心に話をすれば、わかりやすい会話ができるようになります。

 

会話はキャッチボール

会話はキャッチボールなので、暴投しないように相手がとりやすいところに投げることが大事ですよね。

 

また、相手が投げてきたボールを一生懸命追いかけてキャッチしようという気持ちも大事です

 

お互いが「俺はこうなんだ!」「私はこうなのよ!」と主張してしまうと会話が成り立ちません。

ここは自分から歩み寄って、少しでも楽しく会話をしよう!という気持ちが必要でしょう。

 

会話が噛み合ないと感じたら、まずは奥様に男女の違いを説明し、こうすれば気持ちよく会話ができるんじゃないか?と話してみてはいかがでしょうか。

 

夫婦の会話が噛み合わない時の解決法・まとめ

男女は脳の構造も違うといわれますから、会話が噛み合なくて当たり前。

そう思えば、なんで、どうしてと相手を責めることもなくなると思います。

 

妻が何故そのような話し方をするのかが理解できれば、仕事の上でも女性と話す時に応用できますよね。

 

女性に「この人は会話をしていて楽しい!」と思ってもらえたら、仕事もスムーズに進むのではないでしょうか。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

関連夫婦喧嘩の原因である【夫婦の価値観の違い】とは?

 

関連夫婦喧嘩に疲れた!もう話したくない!と思った時の考え方

 

関連嫁が夫を嫌いになった瞬間14選【夫の嫌われる行動あるある】

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.