職場の悩み!人間関係がつらい時の対処法ベスト6

更新日:

 

人の悩みの8割は人間関係の悩みだといわれます。

理不尽な上司、言うことを聞かない部下、足を引っ張る同僚など、職場の悩みはつきません。

 

しかし、働いている以上、人間関係を断ち切ることは出来ませんし、苦手な人もいなくなりません。

 

そこで今回、人間関係がつらい時の対処法ベスト6の方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

職場の人間関係で悩みやすい人の特徴

 

どんな職場でも、人間関係で悩みやすい人がいます。

そのような人には次のような特徴があります。

 

自分の価値観を押し付けてしまう

誰しも自分の価値観を持っています。

それが正しいかどうかはケースバイケースで変わりますし、何事も善悪だけで判断できるものでもありません。

 

誰かと意見が衝突した時に、自分の価値観を押し付けてしまうと摩擦が生じてしまいます。

 

完璧主義

自分に厳しいのは良いのですが、それを周りにも要求してしまうと「扱いにくい人」になってしまいます。

 

人にはそれぞれのキャパがあります。

それを考慮せず自分の基準だけで完璧な仕事を目指そうとすると、周りが見えなくなっていつの間にか孤立してしまうということにもなりかねません。

 

問題を一人で抱え込みがち

仕事でも人間関係でも、些細なことが悩みの元になっていることがあります。

早いうちに誰かに相談していれば、そんなにこじれないで済んだのに、というようなことですね。

 

これは、問題を一人で抱え込みがちな人に多く見られる特徴です。

この程度のことで人に相談してはいけない?などと抱え込んでいると、問題がどんどん大きくなります。

 

スポンサーリンク

職場の悩み「人間関係」がつらい時の対処法ベスト6

 

それでは具体的に、どうすれば職場でいい人間関係を築いていけるのか、その方法についてお話しします。

 

相手をよく観察する(ベスト6位)

何かとあなたに辛く当たってくる人がいるとしましょう。

いつも注意されてばかりで、褒められることは全くない。

イヤミばかり言ってくる。

 

残念ながら、そういう人はどこに行ってもいるものです。

それに対して、「なぜ?」「どうして?」と相手や自分を責めても何の解決にもなりません。

 

そういう時は、なぜこの人はこういう言動をするのか、自分だけに厳しいのか、それとも周りの人すべてに厳しいのか、よく観察してみてください

 

そうすると、強気な言動が実は自信のなさの現れだったり、コンプレックスを隠すために優れた人に八つ当たりしているだけだったりするのが分かります。

 

そんな人に正面からぶつかる必要はありません。

弱い犬ほどよく吠える、というのは人間にも当てはまりますから、それが分かったらどうやって相手を動かしたらよいかが分かってくると思います。

 

ここでその人を遠ざけるのではなく、相手の話をよく聞くようにしたり、理解や共感を示すことであなたに対する態度も軟化してくるはずです

 

笑顔で接する(ベスト5位)

誰でも笑顔で話しかけられたら、嫌な気はしないものです。

いつもムスッとしている人よりも、笑顔でいる人の方が話しかけやすいと思いませんか。

 

仕事が忙しくてもカリカリせずに、人に話しかけられたら笑顔で対応する

これだけでも、相手はあなたに嫌な感情を持たなくなります。

 

 

過度に「嫌われたくない」と思わないこと(ベスト4位)

 

誰でも人に嫌われたくないものですが、その気持ちが強すぎると、「すべての人に好かれたい」という極端な気持ちを持つようになってしまいます。

 

誰にも嫌われたくないと思うと、ちょっとしたことで「嫌われているのでは?」と疑い始め、人間関係が辛くなります

 

しかし、人が10人いれば10の個性があり、ウマが合う合わないということがどうしても出てきます。

 

これはどちらかがいい、悪いという問題ではなく、単なる個性の違いです。

ですから、誰にも嫌われずに生きていくのは無理なことなのです。

その違いを受け入れて、「私は私、人は人」と思うことが必要です。

 

 

苦手、嫌いという意識を持たないこと(ベスト3位)

自分が相手に対して「この人は嫌いだ」と思っていると、自然とそれが相手に伝わってしまいます。

そうすると相手の態度も硬化しますし、人間関係が改善されることはありません。

 

苦手に思うところがあってもいいのです。

ただ、その人と接する時にはネガティブな感情を少し脇において、先入観なく相手を見ることで、その人のいいところが見えてくることもあります。

 

コミュニケーション不足を改善する(ベスト2位)

人間関係が悪化する時には、たいていコミュニケーションが不足しています。

言葉が足りず、ちょっとしたすれ違い、ボタンのかけ違いから大きな誤解に発展してしまうのです。

 

「?」と思ったことはすぐに確認する、何気ない会話でも出来るだけコミュニケーションを取るようにするなど、何かあったら相談しやすいような雰囲気作りを自分からしていくことで、職場の人間関係が良い方向へ変わっていくこともあります。

 

誰かを責める前に、まずは自分に足りないところはなかったか、自分に出来ることは何か、とコミュニケーションを増やす方法を考えてみてください

 

他人に期待を持たないこと(ベスト1位)

職場は仕事をする場所であり、友達を作る場所ではありません。

また、能力においても個人差があります。

 

このくらいやってくれるはず、このくらい分かってくれるはず、と他人に期待する度合いが高いほど、それが思ったようにいかない場合に失望し、人間関係を悪化させる原因になります

 

良い意味で、他人に期待をしないことです。

 

できなくて当たり前、やってくれたらありがたい。

そう考えることで、ちょっとしたことに「ありがとう」と言えるようになり、人間関係も良くなります。

 

安易に転職をしないこと

 

人間関係が嫌だという理由だけで転職をしようとしているなら、それはちょっと待った方がいいかも知れません。

 

確かに、どうしようもない人というのはいるものです。

いくらあなたの側で努力をしてもどうにもならないことがあります。

 

ただ、「人間関係が嫌だ」という理由だけで転職をすると、新しい職場でもまた同じことの繰り返しになる場合が多いのです。

 

その会社がどうにも自分に向いていないとか、他にやりたい仕事が見つかったなど、その会社を離れるべき理由が他にないのなら、人間関係を改善していく努力をまずはしてみることです。

 

人間関係の悩みを解決できないままネガティブな感情を持って転職をしても、次の職場でもきっと嫌な人を見つけてしまいます。

 

転職をするなら、こういう会社でこういう仕事がしたい!というポジティブな気持ちを持っているか、もう一度よく考えてからにした方がいいでしょう。

 

まとめ

 

人間関係の悩みは、大げさにいうと死ぬまでつきまといます。

職場だけではなく、家族や地域社会など、身近なところでも起こる問題です。

 

でも、誰だって気持ちにいい職場で働きたいですし、人間関係で悩みたくはないですよね。

いい人間関係を築くためにはどうするか、やはりそこは周りに何かを求めるよりも自分から変えていこうという意識を持つことが一番の近道です。

 

こちらの記事も合わせてどうぞ ↓

人間関係リセット症候群とは?なぜそうなる?コミュ障?

 

人間関係に疲れた時に読みたい名言集【特に疲れている方向け】

 

人間関係がうまくいかない人へ!職場での人間関係13のコツとは?

 

人間関係に疲れた人へ…職場の人付き合いを楽にする6つのコツ

関連記事(一部広告含む)

Copyright© デキる男スイッチ , 2019 All Rights Reserved.